メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

働き方改革 政策のインセンティブが相反

「働き方改革実現推進室」の看板をかける安倍晋三首相(右)と加藤勝信働き方改革相=東京都千代田区で2016年9月2日(代表撮影)

残業規制と裁量労働拡大、高齢者就労促進と年金カット

 働き方改革を掲げ、政府が労働市場の変革を進めようとしている。少子高齢化で労働力不足が顕在化しているうえ、過労死にみられるような劣悪な労働環境の是正を図ることが問われている。何より、労働生産性を高め、所得水準を高めることが、デフレからの脱却と持続的な経済成長の実現に欠かせないという判断が背景にある。しかし、自由な働き方を唱える一方で、残業規制を強化する。高齢者の就労を促すと言いながら、働いて所得が増えるほど社会保障にまつわる負担が増えるなど、インセンティブが逆に働く施策も目立つ。

 アベノミクスの成長戦略の中でも労働改革は最重要な改革と位置付けられている。規制改革会議や産業競争力…

この記事は有料記事です。

残り2184文字(全文2501文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. 日露首脳会談 北方領土を非軍事化 安倍首相が提案
  5. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです