メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

災害アーカイブ

2007年猛暑 40.9度、当時の国内最高気温

熱中症による救急搬送人数(6~9月)と死者数

 6、7月は張り出しの弱かった太平洋高気圧が、8月になると例年より北西へ移動し、列島付近を覆った。フィリピン付近で大気の対流活動が活発になったことなどが原因で、同月中旬ごろから猛暑となった。16日に埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で共に40・9度を記録し、当時の国内最高を74年ぶりに塗り替えた。

 13~16日の4日間だけで全国81地点が観測史上1位の最高気温を記録するなど、8月にアメダスを含む全国821地点中、101地点で観測史上最高を更新した。9月になっても太平洋高気圧に覆われ同月の平均気温は東海を除く東北から九州で平年より2度以上高かった。9月の平均気温も全153の気象台と測…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文728文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尼崎脱線 顔を20回以上手術 犬が支え「あきらめない」
  2. はしか 流行、沖縄厳戒「乳児や未接種妊婦、来県延期を」
  3. 観光 「3歩で回れる3県境」整備 埼玉、栃木、群馬
  4. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
  5. 森友学園 国有地売却問題 佐川氏「役所守るため」 文書改ざんを事前了承 検察に供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]