メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東電に5300万円賠償命令 栃木のゴルフ場に

 東京電力福島第1原発事故による風評被害で来場者や売り上げが減少したとして、栃木県那須町のゴルフ場経営会社「那須伊王野カントリークラブ」が東京電力を相手取り、約8000万円の損害賠償を求めた訴訟で、宇都宮地裁(吉田尚弘裁判長)は9日、約5300万円の支払いを命じた。

     裁判では、東電が損害賠償の支払いを拒否した2012年7月以降の風評被害の影響が争点となった。東電側は「利用者が1日5時間、年100回プレーしても、年間被ばく量は1ミリシーベルトを大きく下回り、健康リスクが高まるものではない」などと主張し、訴えを退けるよう求めていた。

     判決では、ゴルフ場で測定の放射線量が13年5月時点で放射線障害防止法が定める規制値(年間1ミリシーベルト)を超えていたと認定。放射線量データが那須町のホームページで公開されていたことなどから、風評被害と売り上げ減少とに因果関係が認められるとした。13年10月時点で風評被害の影響はなくなったとし、請求額を減額した。【田中友梨】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 香取慎吾 スマステ最終回で感激 「信じられない! 夢かなっちゃった」
    2. 香取慎吾 スマステ最終回で「新しい地図」に言及 「皆さんと一緒に大きな地図を…」
    3. ORICON NEWS 『SmaSTATION!!』16年の歴史に幕 香取慎吾が感謝「ありがとう!」 東京タワーも粋な演出
    4. 北朝鮮 李外相「先制攻撃も辞さず」 国連総会で演説
    5. 松尾貴史のちょっと違和感 安倍首相が解散の「ご意向」 命名「わが逃走解散」に1票!

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]