メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

朴韓国大統領 罷免

李鍾元氏

 クーデターによる失脚、不正疑惑への厳しい追及、果ては暗殺に自殺……。政権の終わりが見えるたびに繰り返される韓国政治の混乱。今回もまた、「大統領の犯罪」が指摘された朴槿恵(パククネ)氏について、憲法裁判所は韓国憲政史上初めての罷免妥当の判断を示した。一衣帯水の日韓関係は冷え込み、北朝鮮は暴走の度合いを深めるなか、節目である「弾劾決定」は何をもたらすのか。

この記事は有料記事です。

残り4465文字(全文4643文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 厚労省 風疹検査無料化、30~50代男性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです