メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石炭火力

環境相、再検討求める 千葉新設でCO排出増

 JFEスチールと中国電力が千葉市で進める石炭火力発電所計画について、山本公一環境相は10日、環境影響評価(アセスメント)法に基づき、事業実施の再検討も選択肢とするよう求める意見書を、世耕弘成経済産業相に提出した。

 石炭火力は、天然ガスなどを使う発電より二酸化炭素(CO2)の排出が多い。環境省は経産省との間で昨年2月、CO2排出規制導入の条件付きで今後の新設に合意した。山本環境相は合意を維持するとしつつ…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです