メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南スーダンPKO

陸自撤収 「無事に帰ってきて」 残り2カ月半、家族ひとまず安堵

 政府は10日、南スーダンから陸上自衛隊部隊を5月末に撤収させることを決めた。部隊の地元の青森で、家族は安堵(あんど)の表情を浮かべた。防衛省や国会周辺では驚きが広がり、評価と懐疑が交錯した。【宮城裕也、町田徳丈、遠藤拓】

 「本人も帰れると喜んでいるでしょう」。息子が南スーダンにいるという50代の女性(青森市)は涙声になった。出発前には「人を殺して帰ってくるかもしれない」と語っていた。「自衛隊だから危険は覚悟の上。それは分かっているが、人を撃てば心に大きな傷を負うでしょう。死者が出ないまま帰国が決まり、本当によかった」

 無料通信アプリ「LINE(ライン)」で頻繁に連絡を取る。「食べ物が合わない。日本食が食べたい」と訴…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです