メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大震災6年

富岡高休校式を臨時災害FMが放送

福島県立富岡高校の休校式=福島市のパルセいいざかで2017年3月1日午後2時30分、西田真季子撮影

 東京電力福島第1原発事故の影響で今年度末に休校する福島県立富岡高校の休校式が1日、福島市の「パルセいいざか」で開かれた。11日に富岡町の臨時災害FM「おだがいさまFM」で休校式の模様が放送される。

     富岡高は1950年、富岡町に開校し、原発事故後は県内外のサテライト校に分散して存続していた。富岡町は現在、全町に避難指示が出され、4月1日に一部解除される。

     高校OBらも駆けつけた休校式では、式典のステージ上に休校前最後の卒業生62人が手形で作った「復校富高」のパネルが掲げられた。卒業生を代表して山澤直貴さんが「普通の卒業生には母校を訪れ、お世話になった先生方や部活動の後輩たちに会いに来る楽しみが生まれます。しかし私たち富岡高校の卒業生にはありません。とても寂しく残念でなりません。しかしいつか必ず、富岡高校は再開すると信じています」と「明日への誓い」を述べ、会場全員で校歌を斉唱し、学校の再開を願った。【西田真季子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. カジノ法案 入場料安すぎ…異論続々 政府が値上げ検討
    2. 台湾地震募金デマ 軽はずみで投稿炎上 個人情報も暴かれ
    3. タクシー 乗務員への悪質行為にイエローカード 北九州
    4. 青森・横浜 イワシの次はクジラ漂着 処分費用困惑
    5. 台湾地震募金デマ 募金「届かぬ」拡散6万 投稿男性仰天

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]