メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

法隆寺

国宝・釈迦三尊像「クローン」 富山・高岡で公開

釈迦三尊像の複製=高岡市末広町のウイング・ウイング高岡で、青山郁子撮影

 奈良・法隆寺の国宝「釈迦(しゃか)三尊像」を最新のデジタル技術で忠実に再現した「クローン仏像」の公開が10日、富山県高岡市末広町のウイング・ウイング高岡で始まった。20日まで、入場無料。

     東京芸大が3D技術で計測し、3Dプリンターで原型を制作。高岡市の銅器鋳造、同県南砺市の木彫という富山を代表する伝統技術を融合させ、約2年かけて完成させた。

     本物は金網越しでしか見られないが、こちらは裏側まで丸見え。人数限定だが触ることもできる。天上の聖徳太子も現代の技術にびっくり?【青山郁子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    2. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
    3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
    5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]