メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

決意の春・自主避難者のこれから

自治体の住宅支援策 申し込みいずれも低調 子供の転校を回避か /山形

 東京電力福島第1原発事故による自主避難者に対する借り上げ住宅の無償提供が今月末で打ち切られることを受けて、県内の主な自治体が打ち出した住宅支援策への応募がいずれも低調だ。県は打ち切られる世帯を聞き取りして、県職員公舎50戸程度の無償提供(2年間)にニーズがあると見込んだが、応募を経て決定したのは10戸にとどまる。「子供の学校が変わることを避けたいのでは」などとするが、思わぬ結果に戸惑いもみられる。

 県危機管理課復興・避難者支援室によると、打ち切り対象の自主避難者は1087人(3月2日時点)。県は…

この記事は有料記事です。

残り1247文字(全文1498文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです