メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災から6年

埼玉の春 上尾・聖学大で集い 寄り添う気持ち誓う /埼玉

震災で犠牲になった人たちに黙とうをささげる参加者ら=上尾市の聖学院大で

 東日本大震災から丸6年の11日、県内でも震災関連の行事が開かれた。上尾市の聖学院大では「東日本大震災を覚えて」と題した礼拝と集会があり、学生らが被災地に寄り添う気持ちを新たにした。【内田幸一】

ボランティア続ける

 同大は、震災当初から「ボランティアスタディツアー」を組んで被災地に学生を送っているほか、心の傷を負った子供たちを支援しようと、2012年に「こども心理学科」を設立した。

 礼拝で、同大ボランティア活動支援センター所長の阿部洋治教授は、被災地に行った高校生が、自分のフルー…

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文737文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです