メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひたむきに生きて

患者の激励 成長の糧=天野篤・順天堂医院院長

天野篤 順天堂医院院長=森田剛史撮影

2期目の院長職に

 私のコラムも今回で最後となりました。書き始めてからの2年間は長いようで、あっという間に過ぎたという思いがします。

 副院長になった59歳が前還暦、60歳が本還暦、今の61歳を後還暦と、厄年のように心身や環境が変わる時期ととらえ、老け込まないように頑張ってきました。3度目の尿管結石の治療を機に実行した禁酒のおかげで、6時間以上に及ぶ長い手術でも蓄積した疲労を短時間の睡眠で回復させやすくなりました。父親が66歳で他界したこともあり、現在の平均寿命くらいを全うするには何か体に良いことをしようと、前還暦から取り組んだことが今も続いています。70歳、できれば80歳の誕生日くらいは祝杯を上げたいものだとひそかに願っています。

 最近は、週末に地方で講演するなど対外的な業務が増えました。家族と過ごす時間もこれまで以上に少なくな…

この記事は有料記事です。

残り935文字(全文1303文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]