メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タイ人飼育員が鼻でたたかれ死亡 和歌山・白浜

 12日午前9時15分ごろ、和歌山県白浜町堅田のテーマパーク「アドベンチャーワールド」で、飼育員のウィチャイ・マディさん(37)=白浜町、タイ国籍=が、飼育している雌のアジアゾウ(40歳)の体を洗っていたところ、ゾウに鼻でたたかれて頭などを打った。病院に搬送されたが、脳挫傷による死亡が確認された。

 県警白浜署によると、マディさんはゾウを飼育していたおりの中で、同僚のタイ人飼育員(53)と2人で洗体作業をしていた。顔などを洗っていた際にゾウが嫌がったため、鼻が当たっておりの柵に飛ばされたという。事故当時、テーマパークは開園前で客はいなかった。

 同日は開園したがゾウの展示は中止した。13、14日は臨時休園する。15、16日は休園日で、17日以降は事故原因の究明状況をみて決める。【成田有佳】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国 アイドルの犬にかまれ死亡 有名料理店の女性経営者
  2. 衆院選 希望、敗北に動揺 前原民進代表、辞任へ
  3. ゴキブリ 繁殖に雄いらず 雌3匹以上で単為生殖促進
  4. 建材落下 兵庫県警本部庁舎から、けが人なし
  5. イノシシ襲撃 商業施設で5人けが 高松

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]