メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゾウ

タイ人飼育員が鼻でたたかれ死亡 和歌山・白浜

 12日午前9時15分ごろ、和歌山県白浜町堅田のテーマパーク「アドベンチャーワールド」で、飼育員のウィチャイ・マディさん(37)=白浜町、タイ国籍=が、飼育している雌のアジアゾウ(40歳)の体を洗っていたところ、ゾウに鼻でたたかれて頭などを打った。病院に搬送されたが、脳挫傷による死亡が確認された。

 県警白浜署によると、マディさんはゾウを飼育していたおりの中で、同僚のタイ人飼育員(53)と2人で洗体作業をしていた。顔などを洗っていた際にゾウが嫌がったため、鼻が当たっておりの柵に飛ばされたという。事故当時、テーマパークは開園前で客はいなかった。

 同日は開園したがゾウの展示は中止した。13、14日は臨時休園する。15、16日は休園日で、17日以降は事故原因の究明状況をみて決める。【成田有佳】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジェンダー差別発言 ワースト「子供4人以上産んだら…」
  2. 大リーグ イチロー、日本球界に復帰も 公式サイト伝える
  3. ORICON NEWS 米国移住のピース・綾部に仕事続々 今度はハワイでサッカー大会アンバサダー就任
  4. 阪神大震災23年 離れた手「今も昨日のことのよう」
  5. ORICON NEWS 川栄李奈、女優躍進を支えるのは危機感「私なんてすぐに消える」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]