メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊中市議ら財務局を告発へ 背任容疑で

認可申請を取り下げた学校法人「森友学園」の小学校用地=2017年3月10日、本社ヘリから貝塚太一撮影

 大阪市の学校法人「森友学園」が大阪府豊中市の国有地を格安で取得したとされる問題で、豊中市議らが11日、真相究明を求める集会を市内で開いた。売却交渉に当たった財務省近畿財務局の担当者を、今月中にも背任容疑で大阪地検に告発する方針を明らかにした。

 集会は、国有地の売却額を非開示とした近畿財務局の決定取り消しを求めて提訴した木村真市議らが主催し、約200人が参加した。木村市議は「学園による小学校の設置認可申請は10日に取り下げられたが、これで幕引きは許されない」と訴えた。集会で告発への参加を呼びかけた弁護士は「近畿財務局は国有財産を不当に安い値段で売却し、国に損害を与えた」と話した。【湯谷茂樹】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制わいせつ容疑 小学校キャンプ見守り役の男逮捕 福岡
  2. 仙台市長選 国政が直撃 敗れた与党陣営、恨み節
  3. アニメ 「忍たま乱太郎」ファン300人聖地巡り 尼崎
  4. クローズアップ2017 内閣支持率26% 危険水域、政権に衝撃 改憲日程に影響も
  5. 仙台市長選 郡和子氏が初当選 自公敗北、加計問題影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]