メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふじのくに通信

再び「希望」を探して /静岡

 オバマ米前大統領ら世界の政治家は政治参加や民主主義そのものを「希望」という言葉を使って演説で高らかにうたうが、県内の市長らは「希望」を抽象的な「夢」に近い言葉として使う。3年前の「ショートメール」欄に、そう書いた。

 さて昨年就任した大沼明穂・沼津市長の言葉からも「希望」を探した。

 「市民から負託された希望の実現に全力を尽くす」(昨年11月10日の初登庁時・職員を前に)▽「市民の考えや願い、希望がしっかり反映され、市民の持てる能力が十分に発揮される仕組みをつくる」(同月25日・所信表明演説)

 当欄では昨年11月、大沼市長とトランプ米大統領との類似点・相違点を考えた。そこでトランプ大統領の言…

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文704文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです