メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手裏剣打ち全国大会

優勝者には純金製 40人が競演 伊賀 /三重

観客の前で手裏剣を投げる参加者=三重県伊賀市で、鶴見泰寿撮影

 第8回伊賀流手裏剣打(うち)選手権大会が12日、伊賀市の伊賀流忍者博物館であった。全国7会場の予選を勝ち抜いた15~71歳の40人が的を目掛けて手裏剣を投げ、得点やパフォーマンスを競った。横浜市の池辺政昭さん(56)が2回目の優勝を果たし、純金製の手裏剣を獲得した。

 伊賀上野観光協会の主催。これまで秋に開かれていたが、閑散期にも観光客を招こうと3月に初めて実施した。的までの距離は、男性が6メートル…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文503文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて
  5. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]