メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近江酒蔵巡り

隠れたる「宝庫」をゆく/31 冨田酒造 蔵変えた妥協なき精神 /滋賀

木をふんだんに用いた真新しい蔵に立つ蔵元の冨田泰伸さん=滋賀県長浜市の冨田酒造で、山本直撮影

 「冨田さんが帰って来て七本鎗(しちほんやり)が変わった」。県内の酒造・酒販業界関係者は口をそろえる。全国に名を知られた銘酒だが、大きな変化は2002年に専務の冨田泰伸さん(42)が蔵へ戻ったのが契機、というのが共通認識なのだ。「酒造りも販売方法も変えていかなければと思っていた」と冨田さん。その改革の精神に妥協はない。

 蒸し米の湯気がもうもうと上がる様子を見て育った。おぼろげながら「将来は自分がやるのかな」と思ってい…

この記事は有料記事です。

残り1946文字(全文2156文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  3. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  4. ピエール瀧容疑者に薬物譲渡疑い、通訳業の女を逮捕
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです