メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近江酒蔵巡り

隠れたる「宝庫」をゆく/31 冨田酒造 蔵変えた妥協なき精神 /滋賀

木をふんだんに用いた真新しい蔵に立つ蔵元の冨田泰伸さん=滋賀県長浜市の冨田酒造で、山本直撮影

 「冨田さんが帰って来て七本鎗(しちほんやり)が変わった」。県内の酒造・酒販業界関係者は口をそろえる。全国に名を知られた銘酒だが、大きな変化は2002年に専務の冨田泰伸さん(42)が蔵へ戻ったのが契機、というのが共通認識なのだ。「酒造りも販売方法も変えていかなければと思っていた」と冨田さん。その改革の精神に妥協はない。

 蒸し米の湯気がもうもうと上がる様子を見て育った。おぼろげながら「将来は自分がやるのかな」と思ってい…

この記事は有料記事です。

残り1946文字(全文2156文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです