メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの風景

対話の重要性 再確認=武田徹

 米国の心理学者、シェリー・タークルさんの新著「一緒にいてもスマホ」はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)からFTF(フェース・トゥー・フェース)にコミュニケーションの重心を移す提案をしている。

 ネットメディアが苦手な人が「顔を見て話さなければ始まらない」と愚痴をこぼしているわけではない。タークルさんはマサチューセッツ工科大(MIT)でデジタル技術と人間の関係を長く研究してきた第一人者。その指摘は重く受け止めるべきだろう。

 タークルさんはSNSがFTFのコミュニケーションの豊かさを損なっていると考える。確かに対面型コミュ…

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文930文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. ORICON NEWS 香取慎吾、パリ・ルーブル美術館で初の個展「僕のアート脳が爆発しています」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]