メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンクが2年連続で日本シリーズ進出 プロ野球CS
激動・青瓦台

大統領罷免/中 保守、深まる分裂 親朴派、存在感保つ

朴槿恵前大統領の私邸前に駆けつけた支持者たち。朴氏の写真入りの旗には「あなたを応援している」などと書かれている=ソウル市江南区で2017年3月12日、大貫智子撮影

 パククネ、パククネ--。韓国憲政史上初めて大統領を罷免された朴槿恵氏は12日夜、大統領公邸からソウル市内の自宅に戻った。自宅前では中高年の熱狂的な支持者たちが国旗を振り、名前を連呼し続けた。

 「出て行け」と報道陣に向けて鋭い声が飛ぶ。朴氏の罷免は不公平な報道のせいだと考える支持者のようだ。世論調査では、罷免反対は2割前後だが、罷免後の11日にもソウル市内で集会を開くなど一定の存在感をみせる。市庁舎前の広場に大型テントを設置し、自前の新聞も作製。新党結成の運動が始まっている。

 朴氏を支持して市庁舎前に駆けつけた権(クォン)と名乗る男性(63)は、「次期大統領選がどうなろうが…

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文935文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べられた?ピラニアの水槽に骸骨
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. ひき逃げ 容疑で26歳男を逮捕 男性重体 沼田 /群馬
  4. 検証 記者死亡、サウジ総領事館で何が 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末
  5. ボクシング 村田がブラントに判定で敗れる 防衛失敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです