メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貧者の教会

内なる抵抗/2 聖体拝領「信徒が混乱」

 古代ローマのカラカラ浴場跡近くにキリスト教カトリックの小さな聖堂が建つ。隣の建物にはカトリック組織「レパント財団」の表札。社会的弱者への教義の押しつけを戒めるフランシスコ・ローマ法王(80)に反対する保守派の「牙城」だ。

 昨年12月5日、財団の講演会場に保守派の重鎮、レイモンド・バーク枢機卿(68)の姿があった。テーマは「貞潔」。参加者によると、バーク氏は「今は乱世だ」と現代人の生活の乱れを嘆き、保守派の結束を呼びかけた。

 法王への保守派の不満が噴出したのは2014~15年に家族問題を主題にバチカンで開かれた「世界代表司…

この記事は有料記事です。

残り1004文字(全文1268文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  2. 裁判員 増え続ける辞退 制度施行8年、長期審理敬遠か
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  4. カンヌ国際映画祭 是枝監督、最高賞 「万引き家族」 日本21年ぶり
  5. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]