メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日産のゴーン会長を逮捕へ 金融商品取引法違反容疑
特集ワイド

トランプ米大統領の誕生で… 温暖化対策は死ぬのか

米国の温室効果ガス排出量の推移と推移

 トランプ米大統領は、オバマ政権が推し進めた地球温暖化対策を台無しにするのか。そんな懸念が気候変動の専門家らの間に広がっている。環境保護局の長官に温暖化懐疑派の人物を据え、石炭など化石燃料の復活を発信しているからだ。地球環境問題は岐路に立っている。【藤原章生】

今後は中印主導?/「全廃」無理でも骨抜き可能

 トランプ氏の手によって気候変動に関する重要なデータが消される--。1月の大統領就任前後、そんな見方が米国内で広まり、環境問題の関係者らが相次いで米政府のデータベースから大量の資料をダウンロードする動きがあった。結局、データは消去されなかったが、変化はあった。例えば、オバマ政権時のホワイトハウスのホームページでは、二酸化炭素(CO2)排出量の推移を示すグラフは目立つ場所にあったが、トランプ政権に移行すると、見つけにくいページに移っている。政策を分析する専門家は「意図的かどうかは分からないが、データを取り出すのに前よりかなり時間がかかるようになった」と話す。

 ただ、トランプ氏は「常識を覆す発言」(表参照)の割に、他の政策で忙殺されているせいか、環境分野では…

この記事は有料記事です。

残り2791文字(全文3274文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. 世界の雑記帳 ダーツ世界大会、試合敗北の選手が相手の「おなら」のせいと苦情
  4. 流行語候補 おさらい「ご飯論法」って? 「パンは食べたが黙っておく」すりかえ答弁を可視化
  5. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです