メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寝ても覚めても

理詰めのスケーター=冨重圭以子

 国際舞台で大活躍する日本のフィギュアスケート陣に比べ、このところ精彩を欠いていたスピードスケート。でも今季は違った。短距離の小平奈緒選手が世界スプリント選手権で総合優勝し、高木美帆選手はオールラウンダーが集まる世界選手権で総合3位に入った。テレビ越しに見ても、表彰台の2人はまぶしかった。

     シーズンの締めくくりとして最高、と喜んでいた時に思いもよらない訃報が飛び込んできた。1992年アルベールビル五輪男子1000メートルの銅メダリスト、宮部行範さんが亡くなったという。48歳だった。

     宮部さんに最初に会ったのは、青山学院大時代のこと。青学大には体育会の正規のスピードスケート部はないし、コーチもいなかった。その彼が、当時一線級が出場する競技会で優勝した。兄の保範さんもそうだったが、宮部さんは筋肉の動きなど身体構造を学び、心理学の知識をメンタル面強化に応用するなど、当時は珍しい「理詰めのスケーター」だった。

     練習環境が整っていないから、土日だけリンクを転々としていた。そこで「パートタイム・スケーター」と書いた。気分を害するかな、と心配したが、次に会ったら「パートタイマーの宮部です」。明るく言ってくれて、よく話すようになった。

     内定していた総合商社への入社を断り、スピードスケートの名門、三協精機(現日本電産サンキョー)に入った。ちょっと驚いたが、心配はしなかった。どういう道に進もうと、自分で考えて決断する人だとわかっていたからだ。

     現役引退後も、独自の道を歩み、思い出したように連絡があった。「長野でNPOを作ってスケートを教えています」「米国の大学でスポーツマネジメントの勉強をしています」といった具合。自由にやりたいことをやっているな、と思っていた。

     日本オリンピック委員会(JOC)の職員になったときには「メダリストが競技団体のトップになるのはどの国でも珍しくないけれど、NOC(各国オリンピック委員会)の一職員というのは、例がないみたいです」といたずらっぽい目をして、話していた。選手としては理屈っぽくクールだったけれど、会ったときはいつもあの笑顔だった、といま思い出している。(専門編集委員)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです