メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

決意の春・自主避難者のこれから

東日本大震災 新庄でコーヒー豆店起業 人とつながる場所に ここで頑張る思い新た /山形

菅原清子さん(左)と豆を選別する健児さん=新庄市上金沢町で

 「酸味がない豆がいいですか?」「グアテマラはこんな香りです」--。新庄市上金沢町で1月末にコーヒー豆店「bino(ビノ)」を開いた菅原清子さん(45)。東京電力福島第1原発事故で、福島県郡山市から一家で南陽市に自主避難し、清子さんの実家の工場を改装して起業にこぎつけた。「コーヒーを通じて地域の人とのつながりやコミュニティーを生み出すことができたら」と、新たな一歩を踏み出した。

 店のこだわりは、専用の焙煎(ばいせん)機械を使って新鮮でクリアな豆の味を提供することだ。豆は中南米…

この記事は有料記事です。

残り962文字(全文1202文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです