メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

東大大学院・早野教授、6年間の自分史と福島 西麻布 /東京

写真展を開いた早野龍五・東大大学院教授=港区で

 反物質の研究で世界的に知られる東京大学大学院教授の早野龍五さん(65)が今月末まで、港区西麻布3、飲食店「アウグスビアクラブ」で「之圖(のず)。」と題したユニークな写真展を開いている。

 早野さんはスイスの欧州合同原子核研究所(CERN)を拠点に日本とスイスを往復する研究生活を送っていた。2011年3月の東京電力福島第1原発事故後は、福島の放射線被ばくの調査研究にも従事。福島の出来事をツイッターで発信し続けている…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  3. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  4. 森友交渉記録 理財局が廃棄指示 佐川氏ら処分へ
  5. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]