メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

東大大学院・早野教授、6年間の自分史と福島 西麻布 /東京

写真展を開いた早野龍五・東大大学院教授=港区で

 反物質の研究で世界的に知られる東京大学大学院教授の早野龍五さん(65)が今月末まで、港区西麻布3、飲食店「アウグスビアクラブ」で「之圖(のず)。」と題したユニークな写真展を開いている。

 早野さんはスイスの欧州合同原子核研究所(CERN)を拠点に日本とスイスを往復する研究生活を送っていた。2011年3月の東京電力福島第1原発事故後は、福島の放射線被ばくの調査研究にも従事。福島の出来事をツイッターで発信し続けている…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです