メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

多彩なサービス続々 服の悩みをネットが解決

 ファッションセンスに自信がない、ゆっくり買い物する時間が取れない、服装がマンネリ化している--そんな悩みを解決するネットサービスがここ数年で増えている。どんなふうに利用されているか、調べてみた。

 「大学時代は理工系学部に通い、おしゃれと無縁だった。今は内勤で服装が自由な分、何を着ていいかわからなくて……」。そう話すのは、東京都内のIT企業に勤める男性(24)。この春で社会人2年目となるが、高校生に間違えられることも。「カジュアルでも大人っぽく、きちんと見られる格好がしたい」と、第三者が買い物に同行してくれるサービスに申し込んだ。

 利用したのは「ファッションアテンダント」というサイト。アパレル企業の販売員やスタイリストといった、…

この記事は有料記事です。

残り1488文字(全文1806文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  2. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです