メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稲田氏「出廷と推測」 答弁撤回の意向

閣議後、記者の質問に答える稲田朋美防衛相=首相官邸で2017年3月14日午前9時4分、長谷川直亮撮影

 稲田朋美防衛相は14日午前の記者会見で、大阪市の学校法人「森友学園」が起こした民事訴訟の口頭弁論に原告側代理人弁護士として出廷した裁判所作成の記録があったことについて、「担当(弁護士)の夫の代わりに出廷したのではないかと推測している」と釈明した。弁護士として学園に関わったことはないとした国会答弁との矛盾について、稲田氏は「(出廷は)記憶にはない。記憶に基づいた答弁で、虚偽の答弁という認識はない」と語った。

 稲田氏はこれまで、学園理事長を退任する意向を示している籠池泰典氏を巡り、「事件を受任し顧問弁護士だったということはない。裁判を行ったこともない」と答弁していた。稲田氏は14日の会見後、国会内で参院予算委員会の与党理事と会い、「裁判所の記録は間違いないものである以上、私の記憶違いだ。(答弁を)撤回して謝罪しなければならない」と伝えた。

 14日の会見で稲田氏は「13年前でまったく(記憶が)ない。自分の記憶に基づいて答弁してきた」と強調。これまでの国会答弁について「言い切ったのは、それほど記憶にない、ということだ」と語った。籠池氏に関しては「10年ほど前、大変失礼なことをされ、関係を絶っている」と説明。学園の土地取得について「本件の国有地払い下げ事件に(自分は)本当になんの関係もない」と述べて改めて関与を否定した。

 政治家としての責任を問われると「この件について責任を取ることはないのではないか」と否定。

 稲田氏は14日の閣議の後、首相官邸で安倍晋三首相と菅義偉官房長官に「事実関係を調査中だ」と報告した。菅氏はその後の記者会見で「稲田氏の個人的な活動に関することなので、政府としてコメントは控えたい。稲田氏が適切に説明するだろう」と述べるにとどめた。稲田氏が職務を続けられるかとの質問には「全く問題ない」と答えた。【村尾哲、田中裕之】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制わいせつ容疑 小学校キャンプ見守り役の男逮捕 福岡
  2. 仙台市長選 国政が直撃 敗れた与党陣営、恨み節
  3. アニメ 「忍たま乱太郎」ファン300人聖地巡り 尼崎
  4. クローズアップ2017 内閣支持率26% 危険水域、政権に衝撃 改憲日程に影響も
  5. 仙台市長選 郡和子氏が初当選 自公敗北、加計問題影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]