メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省重点監督

残業80時間超1756事業所

悪質ケースに是正勧告

 厚生労働省は13日、長時間労働が疑われる企業7014事業所に対して昨年11月に重点監督を実施した結果、1756事業所(25%)で「過労死ライン」を超える月80時間以上の残業が確認されたと発表した。また、18歳未満の労働者に原則禁止の時間外・休日残業をさせていたコンビニなど悪質なケースに対して、是正を勧告した。

 同省は残業時間が「月100時間または2~6カ月にわたって月平均80時間」を超えると過労死のリスクが高まると位置づけている。1756事業所の内訳は、月80時間以上100時間未満=560▽同100時間以上150時間未満=939▽同150時間以上200時間未満=205▽同200時間以上=52。他に未払い残業が459事業所あった。

 是正勧告を受けたコンビニは、18歳未満の1人に最長で月79時間の残業をさせ、休日の割増賃金も払っていなかった。また、従業員の約2割に当たる23人に最長で月160時間の残業をさせていた電機メーカーの事業所にも是正を勧告。この事業所では、実際の労働時間が従業員の自己申告より最長で月70時間多かったという。【早川健人】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 伊ベネチア 日本人ぼったくり被害 レストランで学生4人
  2. 気象庁 東日本で大雪の恐れ 都心降雪、交通機関に影響も
  3. 卓球 14歳張本、父とつかんだV 笑顔で駆け寄る
  4. 99.9シーズン2 松潤主演ドラマ第2話視聴率は18.0%と大躍進! 冬ドラマ暫定首位に
  5. 猫からの感染症 16年国内初の死亡例 福岡の60代女性

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]