メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここで創る3.11

東日本大震災6年/5止 本田一弘さん(会津若松の歌人)

本田一弘さん

福島の悲痛な現実、歌い

 磐梯山を車窓に望むあたりから線路脇の雪がにわかに深くなった。山々に抱かれた福島県会津若松市とその周辺には、福島第1原発のある大熊町をはじめ、同県沿岸部から避難した人々が今も身を寄せている。

 福島市生まれの歌人、本田一弘さん(48)は筑波大を卒業後、高校の国語科教師として会津地方に赴任。四半世紀の間、福島や会津の自然、風土と人とのかかわりを深みのある古語に託して歌い続けてきた。

 会津の3月はまだ雪の中にある。6年前、福島市内で母の四十九日法要を済ませ、母の兄を見舞った病院で激…

この記事は有料記事です。

残り1252文字(全文1503文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 愛知・小牧 隕石直撃、住宅の屋根壊す
  3. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  4. 滋賀・日野町事件 元受刑者の死後再審決定 大津地裁
  5. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです