メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災6年・17年とうほく

門出祝うヒノキの香り 釜石の4校に花飾り 三重のNPO、送り続け5年目 /岩手

2月20日から使われている釜石市立唐丹中学校の新校舎=同市唐丹町小白浜で

 東日本大震災で被災した釜石市の小中学校4校に今春も、三重県尾鷲市特産の尾鷲ヒノキで作ったコサージュ(花飾り)が届いた。送り主は尾鷲市を拠点に工芸の体験教室などを展開するNPO法人「海虹路(えころ)」で、2013年から、卒業生に贈り続けている。代表の池田比早子さん(64)は「仮設住宅で暮らす生徒もいると思う。木の香りを味わってほしい」と話している。【井口慎太郎】

 きっかけは、12年12月だった。南海トラフ巨大地震での津波被害が想定される尾鷲市の市教委職員が学校…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄
  5. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです