メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

決意の春・自主避難者のこれから

東日本大震災 朝日町で週末保養活動を主催 野山で親子のびのび /山形

福島帰還者の参加も多く

 「葉っぱ塾」代表の八木文明さん(63)=長井市中道=は、東日本大震災で被災した福島県の親子が朝日町で週末を過ごす保養活動を主催している。「子供たちがやりたいことをやらせる」をモットーとし、子供1人にほぼ1人のスタッフがつく手厚さが特徴。「近場でリフレッシュできる」と好評だ。「震災から6年たつが保養へのニーズは全く減っていない。福島に帰還する人たちにもニーズがあるはずだ」と確信している。

 県立高校教諭として働く傍ら、登山やハイキングの楽しさ、自然の美しさを家族連れらに伝えようと、200…

この記事は有料記事です。

残り940文字(全文1196文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  2. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  3. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです