メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

栄光のフィルム

/2 卒業製作の脚本27回書き直し 特訓が磨いた「表現」 /栃木

 自宅に山積みにされた原稿用紙には、大きな×印が付けられていた。

 10年前、当時学生だった映画監督の渡辺紘文さん(34)=大田原市出身=は、日本映画学校(現日本映画大学)の卒業製作作品の脚本執筆に追われていた。指導したのは、同校の講師だった映画監督の天願(てんがん)大介さん。「会話のリズムが悪い」「役者の言葉で状況を説明し過ぎだ」。厳しい言葉の後、提出した数十枚の原稿用紙に次々とボールペンで×印が付けられていった。

 天願さんに脚本を却下される度に、頭から書き直した。自信作を頭ごなしに否定され、怒りが湧くこともあっ…

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1210文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです