メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「高野山競書大会」作品を募集 締め切り5月23日 /東京

 弘法大師奉賛「第52回高野山競書大会」の作品を募集します。この大会は「第33回日中青少年友好交流競書大会」も併催しています。

     学生の部<資格>幼児、小・中・高校生<用紙>普通半紙、縦書きに限る<課題>自由(1人10点以内)<出品料>団体出品1点350円▽個人1点500円<出品手続き>団体、個人とも〒648-0294 総本山金剛峯寺内「高野山競書大会総本部」へ郵送。団体は学校、書道会(塾)ごとにまとめる。

     一般の部 競書の部、献書の部に分かれる<資格>大学生、社会人<用紙、課題、出品手続き>学生の部と同じ<出品料>団体1点700円▽個人1点1000円(競書、無審査で参加できる献書とも同じ)。献書は作品右下に「献書」と明記

     ◆締め切り◆5月23日(火)必着<賞>弘法大師賞、内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、金剛峯寺賞、高野山管長賞、毎日新聞社賞、毎日小学生新聞賞など<問い合わせ>同競書大会総本部(電話0736・56・2012)

     ◆展示会◆<優秀作品>8月1日(火)~15日(火)、高野山総本山金剛峯寺(和歌山県高野町)<関東地区優秀作品>8月25日(金)~27日(日)、高野山東京別院(東京都港区高輪)

     主催 高野山総本山金剛峯寺/主管 高野山書道協会/後援 毎日新聞社、全日本書道連盟、高野町教委、高野山住職会

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福原愛選手 「赤ちゃんを授かりました」自身ブログで報告
    2. 歌舞伎 海老蔵さん父子が舞台の安全祈願 最年少で宙乗り
    3. ライフスタイル 3位はなんと東京! 世界で最も「お金がかかる都市」1位に選ばれた国が意外すぎて話題騒然(GetNavi web)
    4. 稲田氏発言 防衛相なぜ続投 辞任5閣僚より深刻なのに…
    5. 小林麻央さん死去 なりすまし投稿…ツイッター社対応は

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]