メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/41 「一緒に過ごせる人を作ってほしい」 自殺病という病気はない /香川

難しい質問も飛び出したシンポジウム=京都市で

 「自殺対策の根治療法を示してほしい」。自殺を病気とみるかは別に、根本から完全に治す、つまり解決する方法はあるのか。シンポジウムの中で難しい質問が飛び出した。

 精神科医の松本俊彦さんは「『自殺病』という病気があって何か治療すれば、ポンと治るものではない。いろんな問題が絡み合って、最終的に気分が落ち込んで自殺してしまうことが多い。だから何か一つを解決すればよくなるものでもない」と、その複雑さを指摘した。

 さらに「人類のかなり昔から自殺はある。自殺がなかった時代はないように思う。だから皆無にすることは難…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文698文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  2. 南北首脳 思惑一致、極秘の電撃会談
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
  5. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]