メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/41 「一緒に過ごせる人を作ってほしい」 自殺病という病気はない /香川

難しい質問も飛び出したシンポジウム=京都市で

 「自殺対策の根治療法を示してほしい」。自殺を病気とみるかは別に、根本から完全に治す、つまり解決する方法はあるのか。シンポジウムの中で難しい質問が飛び出した。

 精神科医の松本俊彦さんは「『自殺病』という病気があって何か治療すれば、ポンと治るものではない。いろんな問題が絡み合って、最終的に気分が落ち込んで自殺してしまうことが多い。だから何か一つを解決すればよくなるものでもない」と、その複雑さを指摘した。

 さらに「人類のかなり昔から自殺はある。自殺がなかった時代はないように思う。だから皆無にすることは難…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文698文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パンダ 赤ちゃん誕生、体重少なく保育器に 和歌山
  2. 買春容疑 津市課長を逮捕 制服姿でホテルで発覚
  3. 訃報 ウスペンスキー氏80歳 「チェブラーシカ」原作者
  4. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  5. のん 「この世界の片隅に」新作は「ちょっと大人っぽいすずさん」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです