メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

遺伝資源の国際取引ルール 名古屋議定書、日本も批准へ

 微生物や植物などが作る有用な物質は、医薬品や種苗などの開発につながり、巨額の利益を生み出す。主に途上国に眠るこうした「遺伝資源」について、国際的な取引のルールを定めた「名古屋議定書」(2010年採択、14年発効)を、日本がようやく批准する見通しになった。

 ●公正な利益配分

 「メキシコ政府から分譲の承認を取得しました」

 筑波大は9日、ウリの一種「ハヤトウリ」の遺伝資源を入手すると発表した。メキシコは既に名古屋議定書を…

この記事は有料記事です。

残り855文字(全文1065文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです