メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

遺伝資源の国際取引ルール 名古屋議定書、日本も批准へ

 微生物や植物などが作る有用な物質は、医薬品や種苗などの開発につながり、巨額の利益を生み出す。主に途上国に眠るこうした「遺伝資源」について、国際的な取引のルールを定めた「名古屋議定書」(2010年採択、14年発効)を、日本がようやく批准する見通しになった。

 ●公正な利益配分

 「メキシコ政府から分譲の承認を取得しました」

 筑波大は9日、ウリの一種「ハヤトウリ」の遺伝資源を入手すると発表した。メキシコは既に名古屋議定書を…

この記事は有料記事です。

残り855文字(全文1065文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
  3. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
  4. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
  5. 福浦2000安打 美しい打撃、スカウトがほれた

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです