メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベルギー奇想の系譜展 兵庫県立美術館、5月20日から

 「ベルギー奇想の系譜展 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」を開催します。現在のベルギー・フランドル地域で中世末期から発展した幻想絵画の伝統を現代作品までの約120点でたどります=写真はヒエロニムス・ボス工房「トゥヌグダルスの幻視」(1490~1500年ごろ、ラサロ・ガルディアーノ財団(c)Fundaci〓n L〓zaro Galdiano)。3月20日から前売り券を販売します。

     <会期>5月20日~7月9日。月曜休館<会場>兵庫県立美術館(078・262・0901)<前売り券>一般1300円、大学生900円▽チケットぴあ(Pコード768-196)、ローソンチケット(Lコード56303)、セブンチケットなどで5月19日まで販売

     主催 兵庫県立美術館、毎日新聞社、朝日放送、神戸新聞社

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 南スーダン ウガンダ国境 「運命の橋」救い求め 陸自部隊、近く完全撤収
    2. ドキュメント 保育所のリアル/3 女性活躍?壁、壁、壁
    3. 雑記帳 世界有数の小麦研究機関で知られる横浜市立大の…
    4. バレーボール プロ化構想検討継続 来年4月末まで
    5. 動画広告 「ワンオペ育児」ユニ・チャーム論争の的に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]