メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オバマケア廃止で2400万人無保険に CBO試算

 【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領が改廃を公約する医療保険制度改革(オバマケア)を巡る議論が本格化し始めた。与党・共和党は廃止・代替法案を議会に提出し、トランプ氏も支持。野党・民主党は徹底抗戦の構えで、反対論は共和党にもある。超党派の議会予算局(CBO)は13日、法案が成立すれば保険加入者数は2018年に約1400万人、26年には約2400万人、現行より減るとの見通しを発表した。反対論が勢いづくのは確実だ。

 「同意できない」。プライス厚生長官は13日、CBO報告への強い不満を表明。代替法案により「より多くの個人」が「より低いコスト」で被保険者になると反論した。

 法案は保険加入義務づけや罰金規定を廃止。加入促進や保険料補助をやめ年齢に応じた税額控除に変える。既往症がある人の加入を保険会社が拒否できない規定や、26歳までの子が親の保険に加入できる仕組みは残す。オバマケアの財源である税金も廃止する。

 CBOは、罰金規定の廃止などで、保険に加入しない健康な人が増えて保険料が上昇し、加入をやめる人が出ると指摘した。保険料は18年と19年に15~20%上がるが、20年以降は下落すると試算。連邦政府の赤字は今後10年間で3370億ドル(約38兆6000億円)削減されるという。

 民主党は、税金廃止や税額控除で富裕層が恩恵を受け中低所得者層から保険を奪うと主張、抗戦を強める。

 一方、共和党のライアン下院議長はCBO報告を受け「法案が保険料を下げ、良質で入手可能な保険を利用しやすくすると確認された」と表明。ただ、保守強硬派はオバマケアと同様な仕組みと反発し党内は分裂含みだ。

 下院(定数435、欠員5)で共和党は237議席だが、保守強硬派の「フリーダム・コーカス」には30人以上が所属。上院(定数100)で共和党は52議席で3人が反対の意向を示しており、このままでは可決できないのが現状だ。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫才協会 「U字工事」が真打ちに昇進 異例の早さで
  2. 安倍首相 28日解散を表明 消費増税分の使途を変更
  3. 上野パンダ 名前はシャンシャン(香香)
  4. 表彰状 川で溺れた男児を救助 北九州市・田中さんに 看護師の妻の指示も奏功 田川地区消防本部 /福岡
  5. 希望の党 小池都知事、設立会見詳報(1)「日本に足りないのは希望」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]