メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェーンソー男に懲役1年6月求刑

27歳被告、津地裁初公判で起訴内容認める

 三重県伊賀市のヤマト運輸の配送センターでチェーンソーを振り回し従業員を脅すなどしたとして、暴力行為等処罰法違反に問われた元トラック運転手の無職、長谷川和輝被告(27)=伊賀市玉滝=は14日、津地裁(高橋正典裁判官)で開かれた初公判で起訴内容を認めた。検察側は懲役1年6月を求刑し、弁護側は情状酌量を求め、即日結審した。判決は22日。

 検察側は論告で「チェーンソーで脅迫するだけでなく、その様子を撮影し動画投稿サイトにアップすることまでも想定しており、極めて計画的」と指摘した。弁護側は「被害者に反省文を渡すなど真摯(しんし)に反省している」と訴えた。

 起訴状によると、長谷川被告は昨年12月3日早朝、配送センターで従業員に対し「さっさと荷物出せや」などと怒鳴り、持っていたチェーンソーを作動させ、刃先を向けて脅迫したとされる。【山本萌】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注射針 小学校で児童が踏みけが 保育事業者が紛失 /大阪
  2. 食中毒 前日握るのはダメ おにぎりに潜むリスク
  3. 食中毒 庭の植物食べた女性死亡 山菜と間違える
  4. 難病 母が一念発起「超重症児」の入浴法研究 学会で発表
  5. 北九州 1周年、増えた笑顔…暴力団事務所跡に洋菓子店

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]