メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

21日にも塚本幼稚園に立ち入りへ 大阪府

 大阪市淀川区の学校法人「森友学園」が運営する「塚本幼稚園」が、補助金を不正に受給した疑いが強まったとして、大阪府が21日にも幼稚園に立ち入り調査に入る方針を固めたことが分かった。受給要件を満たす文書が確認できなければ、返還請求も検討する。

 大阪府や大阪市によると、籠池泰典理事長(辞意表明)の妻は幼稚園の副園長を務める一方、籠池氏が別に代表を務める社会福祉法人の保育園の園長を兼務している。

 幼稚園に常勤の園長や職員がいる場合、人数に応じて補助金を加算する制度があるが、学園は2015年度、妻が常勤だったなどとして総額約4000万円を受給。保育園では、常勤で運営管理業務に専従する園長を置けば加算される補助金を15、16年度で計約1000万円受け取った。

 両園での兼務が事実であれば不正受給だった可能性があり、府は私立学校法に基づく立ち入り調査で勤務実態を確認したい構え。一方、保育園を認可した大阪市も、子ども・子育て支援法などに基づく立ち入り調査を検討している。

 また、塚本幼稚園は特別な支援が必要な要支援児の受け入れで過去10年間に補助金1億7000万円を受給しているが、13日の府議会常任委員会で共産議員が「在籍割合が府内平均の10倍だ」と指摘した。府は受給要件となっている医療機関の診断書や保護者からの同意書がそろっているか確認する。【津久井達】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 自民、安倍昭恵夫人のメール文面公表
  2. 森友学園 小学校用地 首相、働きかけ否定 夫人付き職員、照会「事務的」
  3. 選抜高校野球 早実、土壇場の同点劇 延長戦制す
  4. 第89回選抜高校野球 第5日 早実、九回追いつく
  5. 堺・私立中 「保護者会退会で娘が疎外」父、賠償求め提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]