メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

NPOなど社会貢献分野で働く女性たち 「N女」という生き方

 「N女」という言葉を耳にした。歴史好きの「歴女」、理系の「リケ女」、「山ガール」は聞いたことがあるが、「N」とは? 実はその存在そのものが時代を、社会を映しているとさえ言われる「N女」たち。その実像に迫った。【藤原章生】

「マッチョな企業」に埋もれたくない

 言葉が生まれたのは2014年。発案者の杉原志保さん(41)が言うN女の定義はこうだ。「NPO(非営利組織)から営利企業まで社会貢献分野で働く女性たち」。杉原さん自身、大学の兼任講師や自治体調査員を経て、「一番しっくりいく」と3年前にN女となり、今は複数の肩書を持ち、自治体の制度設計や企画立案に当たる。

 造語は偶然、わいてきた。「ある企業から企画提案の機会をもらい、NPOで働く女性の購買行動を調べてい…

この記事は有料記事です。

残り2622文字(全文2952文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
  2. SNS 性的画像「恋人なら共有」20代1割 注意喚起
  3. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
  4. 参院予算委 首相、ヤジに気色ばむ 「関与なし」繰り返す
  5. リベンジポルノ 防止法2年 後絶たぬ 支援団体「拡散前相談を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]