メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

伊賀越道中双六 吉右衛門、絶妙な演技=評・小玉祥子

 国立劇場開場50周年記念の最後を飾る公演。国立劇場文芸研究会補綴(ほてい)。荒木又右衛門の「伊賀上野の敵討ち」が題材で、一昨年12月に評判を取った通し上演とほぼ同じ俳優が再結集した。

 上杉家家老、和田行家(橘三郎)が沢井股五郎(錦之助)に闇討ちされたのを発端に、行家の娘、お谷(雀右衛門)の夫、唐木政右衛門(吉右衛門)、行家の子、志津馬(菊之助)らが敵討ちを果たすまでを描く。

 見応えがあるのが四幕「岡崎」。関所を破った政右衛門は再会した旧師の山田幸兵衛(歌六)に股五郎方への…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文620文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  4. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  5. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです