メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空から流氷見てみよう

八戸発オホーツク行観測記 知床 視界に飛び込む北方領土 /青森

知床半島が眼前に迫ってきた=北海道知床半島沖で

 世界遺産の知床が見えてきた。八戸を離陸する前、「知床半島付近では強い風が吹く」という説明を受けたが、確かにその通り。私たちを乗せた海上自衛隊第2航空群(八戸市)のP3C哨戒機の機体は大きく揺れ、立って歩くのが難しい。着席し、窓から外をのぞく。接岸する海氷が目に飛び込んできた。

 「国後島が見えるかも」。隊員の言葉通り…

この記事は有料記事です。

残り130文字(全文289文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです