メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空から流氷見てみよう

八戸発オホーツク行観測記 知床 視界に飛び込む北方領土 /青森

知床半島が眼前に迫ってきた=北海道知床半島沖で

 世界遺産の知床が見えてきた。八戸を離陸する前、「知床半島付近では強い風が吹く」という説明を受けたが、確かにその通り。私たちを乗せた海上自衛隊第2航空群(八戸市)のP3C哨戒機の機体は大きく揺れ、立って歩くのが難しい。着席し、窓から外をのぞく。接岸する海氷が目に飛び込んできた。

    視界に現れた流氷と国後島=知床半島沖で

     「国後島が見えるかも」。隊員の言葉通り、知床半島南下中には北方領土・国後島の姿もとらえることができた。北海道の沖合からこんなに国後島が近いことに驚く。

     飛行中には「模擬警戒監視」も実施された。隊員は襟裳岬沖を航行していた船舶を「不審船」に見立て、甲板の様子などを目視。空の旅はまだ続く。【成瀬桃子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    4. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです