メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

栄光のフィルム

/3 自主製作で独自の世界観追求 「テロと日本人」を描く /栃木

 新作映画の構想を練っていた渡辺紘文監督(34)=大田原市出身=は昨年、自問自答を続けた。

 独自の世界観で描いた前作「七日」(2015年)に厳しい評価が下されたからだ。導き出された答えは、「自主製作映画」でしか表現できない世界を追求することだった。

 商業映画には、大手のスポンサーや広告代理店との利害関係があり、センセーショナルなテーマを取り上げにくいという「不自由さ」があると感じた。商業映画では表現できないことを突き詰める。それが自主製作という自由なフィールドに身を置く自身に課せられた使命だと考えた。

 目に留まったのは、海外の社会情勢だった。メディアは連日、テロの脅威やテロ組織に対する各国の掃討作戦…

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1068文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  3. 大阪府警 出会い系売春あっせん24人逮捕 大規模組織か
  4. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです