メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

栄光のフィルム

/3 自主製作で独自の世界観追求 「テロと日本人」を描く /栃木

 新作映画の構想を練っていた渡辺紘文監督(34)=大田原市出身=は昨年、自問自答を続けた。

 独自の世界観で描いた前作「七日」(2015年)に厳しい評価が下されたからだ。導き出された答えは、「自主製作映画」でしか表現できない世界を追求することだった。

 商業映画には、大手のスポンサーや広告代理店との利害関係があり、センセーショナルなテーマを取り上げにくいという「不自由さ」があると感じた。商業映画では表現できないことを突き詰める。それが自主製作という自由なフィールドに身を置く自身に課せられた使命だと考えた。

 目に留まったのは、海外の社会情勢だった。メディアは連日、テロの脅威やテロ組織に対する各国の掃討作戦…

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1068文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです