メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー賛歌

平沢鉦太郎さん 県協会の復活に尽力 多くの遺産、今の隆盛築く /愛知

伝統のジャージー、一宮高(左側)はエビ茶色、旭丘高(右側)は紺色を基調にする=一宮市の光明寺公園球技場で2016年12月、両校定期戦の「秋山杯」で

 「愛知ラグビーの父」といえる人がいた。平沢鉦太郎(しょうたろう)さん。名古屋市出身で、戦前の東邦商(現東邦高)でラグビーを本格的に始め、北島忠治監督率いる明大で名スクラムハーフ(SH)として活躍する。身長は170センチ以下と小柄。現日本代表SHの田中史朗選手(パナソニック)のような活躍ぶりだったようだ。

 戦前の日本一決定戦だった大学選手権の前身・東西大学対抗で、明大の1938年からの3連覇に貢献した。…

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1023文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです