メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展「異郷のモダニズム-満洲写真全史」

 旧満州(中国東北部)の様子を伝える特別展「異郷のモダニズム-満洲写真全史」を4月29日から名古屋市美術館で開催します。

     南満州鉄道(満鉄)の設立(1906年)後に撮影された記録的な写真や満州国の建国(32年)前後の絵画的な写真、資料など約650点を展示。当時の生活の様子だけでなく、写真表現の変遷を紹介します。

     <会期>前期は4月29日~5月28日。一部展示を入れ替えた後期は5月30日~6月25日。月曜休館<会場>名古屋市美術館(名古屋市中区栄2の17の25、052・212・0001)<開館時間>午前9時半~午後5時(入場は午後4時半まで)。金曜は祝日の場合を除き、午後8時まで(入場は午後7時半まで)<観覧料>一般1200円(前売りや20人以上の団体は1000円)、高大生800円(同600円)、中学生以下無料。前売り券は主要プレイガイド、チケットぴあ(Pコード768-162)、ローソンチケット(Lコード43396)、主なコンビニエンスストアで4月28日まで販売

     主催 毎日新聞社、名古屋市美術館、日本経済新聞社、テレビ愛知

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 森友学園 安倍昭恵夫人付官邸職員の回答ファクス(全文)
    2. 博多大吉 武田鉄矢から「やんのか、きさん!」と“キレられた”過去を激白
    3. 森友学園 籠池氏「2人の時、昭恵夫人から100万円」
    4. カルビー パクチー味のポテチ発売 袋開ければ香りが…
    5. 森友学園 籠池氏、昭恵夫人寄付「名誉なこと。記憶鮮明」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]