メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展「異郷のモダニズム-満洲写真全史」

 旧満州(中国東北部)の様子を伝える特別展「異郷のモダニズム-満洲写真全史」を4月29日から名古屋市美術館で開催します。

     南満州鉄道(満鉄)の設立(1906年)後に撮影された記録的な写真や満州国の建国(32年)前後の絵画的な写真、資料など約650点を展示。当時の生活の様子だけでなく、写真表現の変遷を紹介します。

     <会期>前期は4月29日~5月28日。一部展示を入れ替えた後期は5月30日~6月25日。月曜休館<会場>名古屋市美術館(名古屋市中区栄2の17の25、052・212・0001)<開館時間>午前9時半~午後5時(入場は午後4時半まで)。金曜は祝日の場合を除き、午後8時まで(入場は午後7時半まで)<観覧料>一般1200円(前売りや20人以上の団体は1000円)、高大生800円(同600円)、中学生以下無料。前売り券は主要プレイガイド、チケットぴあ(Pコード768-162)、ローソンチケット(Lコード43396)、主なコンビニエンスストアで4月28日まで販売

     主催 毎日新聞社、名古屋市美術館、日本経済新聞社、テレビ愛知

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 福原愛選手 「赤ちゃんを授かりました」自身ブログで報告
    2. 歌舞伎 海老蔵さん父子が舞台の安全祈願 最年少で宙乗り
    3. ライフスタイル 3位はなんと東京! 世界で最も「お金がかかる都市」1位に選ばれた国が意外すぎて話題騒然(GetNavi web)
    4. 稲田氏発言 防衛相なぜ続投 辞任5閣僚より深刻なのに…
    5. 小林麻央さん死去 なりすまし投稿…ツイッター社対応は

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]