メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

店内のベッドで“快眠”可能 原宿に期間限定オープン

期間限定カフェ「ネスカフェ×フランスベッド 睡眠カフェ」

 店内に設置されたベッドで睡眠が取れる期間限定のカフェが16日、「ネスカフェ 原宿」(東京都渋谷区)にオープンした。店内には、電動リクライニングベッドやマットレス計10台が並び、それぞれにリラックス効果が得られるという“安眠ミュージック”が聴けるヘッドホンを設置。睡眠前にはくつろいでもらうため、カフェインレスコーヒーの提供も行う。26日まで営業。

 「ネスカフェ×フランスベッド 睡眠カフェ」という店名で、「良質な睡眠体験の提供」を目的にネスレ日本とフランスベッドがコラボして期間限定オープン。利用するにはフードメニュー1品以上のオーダーが必要で、利用客は最長で2時間、店内のベッドで睡眠を取ることができる。睡眠前にはカフェインレスコーヒー「ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス」が1杯無料で提供され、さらに起床後にはカフェイン入りのコーヒー「ネスカフェ ゴールドブレンド」のサービスもある。

 ベッドには、さまざまな姿勢にフィットするリクライニング機能が備えられ、睡眠だけでなく、コーヒーを飲みながらの読書やDVD鑑賞などもできるという。

 ネスレ日本飲料事業本部の島川基・レギュラーソリュブルコーヒービジネス部長は、「睡眠前にカフェインレスコーヒー、睡眠後にカフェイン入りコーヒーを提供し、フランスベッドのリクライニングベッドを準備した。睡眠中だけでなく睡眠前や起床後も含めた新しい睡眠スタイルを提案し、質の高い睡眠をサポートできれば」とアピールしている。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南スーダン ウガンダ国境 「運命の橋」救い求め 陸自部隊、近く完全撤収
  2. ドキュメント 保育所のリアル/3 女性活躍?壁、壁、壁
  3. 雑記帳 世界有数の小麦研究機関で知られる横浜市立大の…
  4. バレーボール プロ化構想検討継続 来年4月末まで
  5. 動画広告 「ワンオペ育児」ユニ・チャーム論争の的に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]