メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日リリース

国内スポーツイベント初 Twitterでセンバツをライブ配信~明徳義塾-早稲田実戦を追加配信(2017/3/16)

Live Stream on Twitter のセンバツ中継のイメージ

 株式会社毎日新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸山昌宏)と株式会社毎日放送(本社:大阪市北区、代表取締役社長:三村景一、以下MBS)、Twitter Japan株式会社(本社:米国カリフォルニア州、CEO:ジャック・ドーシー)の3社は、第89回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力、以下「センバツ」)をTwitterでライブ配信する「Live Stream on Twitter」で明徳義塾-早稲田実戦(大会第5日第2試合)を追加配信いたします。

     「Live Stream on Twitter」では、1回戦の履正社―日大三戦(大会初日第2試合)と決勝戦の2試合のライブ配信実施を3月10日に発表しましたが、ご好評につき追加配信を決定いたしました。国内月間ユニークユーザー4000万人を数えるTwitterにセンバツが視聴できる機会をご提供することで、高校野球の魅力をより多くの方々にお届けします。

     公式サイト「センバツLIVE!2017( http://mainichi.jp/koshien/senbatsu/ )」では全試合をライブ中継します。ライブ中継以外のハイライトやダイジェスト動画、ニュースなどのコンテンツは、センバツLIVE!でお楽しみください。

    ■Twitterでのライブ中継「Live Stream on Twitter」概要

    <配信アカウント>

    センバツLIVE! 毎日新聞 × MBS

    @SenbatsuLIVE

    <配信URL>

    http://senbatsu.twitter.com

    ※Twitterウェブサイト(PC、スマートフォン)、アプリで視聴できます。

    ※Twitterのアカウントがない人も、どなたでもご利用できます。

    <利用料>

    無料

    <ライブ中継予定>

    1.1回戦 第1日目第2試合(履正社-日大三)

      3月19日(日)13時~(予定)

    2.1回戦 第5日目第2試合(明徳義塾-早稲田実)

      3月23日(木)11時半~(予定)

    3.決勝戦

      3月30日(木)12時半~(予定)

    ※その他の試合は、公式サイト「センバツLIVE!2017」にてご試聴ください。

    <サービスの概要>

     Twitterのライブ配信(「Live Stream on Twitter」)は、「NFL Thursday Night Football」でNFLの試合を無料で配信しており、世界中のユーザーに多数視聴されています。国内のスポーツイベントとしては、センバツが初の試みとなります。

     ライブ中継のプレイヤーがツイートのタイムラインと同じ画面になっており、応援ツイートを送ったり、ハッシュタグ 「#センバツ」で白熱した様子を、他のユーザーと共有できるなどTwitterならでの楽しさを体験できます。視聴は無料です。また、Twitterのアカウントをお持ちでない方もご視聴できます。

    ■公式サイト・アプリ「センバツLIVE!2017」

    <公式サイト>

    PC、スマートフォン共通 http://mainichi.jp/koshien/senbatsu/

    <公式アプリ>

    iOS版 http://mainichi.jp/m/?M9sMes

    Android版 http://mainichi.jp/m/?PJ7LCp

    価格=無料 ※通信料は別途かかります。

    対応OS=iOS:8.0以上、Android:4.0.3以上

    ■「センバツLIVE!2017」の特長

    無料での全試合ライブ中継のほか、ハイライトやダイジェスト動画、ニュース、連載コラム、写真特集などオリジナルコンテンツが満載です。

    ◆本件に関するお問い合わせ先

    毎日新聞社デジタルメディア局

    センバツ公式サイト担当

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪スケート 小平、親友の李相花と競い合い
    2. 五輪スケート 「勝て」と言わぬ支援者 小平、金の恩返し
    3. 将棋 里見香奈、女性初の棋士遠のく 奨励会退会決まる
    4. 五輪スケート 小平が「金」日本女子では初 500m
    5. Features・平昌の主役たち Vol.11 スキージャンプ男子団体 葛西紀明 レジェンド、折れぬ翼

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]