メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院憲法審

「緊急事態条項の検討必要」自公と民進表明

多くの傍聴人が訪れる中、今国会で初めて開かれた衆院憲法審査会=国会内で2017年3月16日午前9時41分、猪飼健史撮影

 衆院憲法審査会(森英介会長)は16日午前、今国会で初めての審議を行った。大規模災害時などに国会議員の任期を延長する「緊急事態条項」の創設について、自民、公明、民進3党の代表はいずれも検討が必要との見解を表明した。

 衆院憲法審の実質審議は昨年11月以来。各会派代表による意見表明で、自民党の上川陽子氏は「緊急事態はすでに衆院憲法調査会で議論の蓄積がある」と述べ、各党の歩み寄りに期待を示した。自公両党と民進党が任期延長の議論に前向きな姿勢を示したことで、緊急事態条項から改憲の検討が進む可能性が出てきた。

 民進党の枝野幸男氏は、衆院議員の任期延長について「検討に値する」と述べた。ただ、「検討すべき事項は…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  3. 滋賀湖東事件の再審開始が確定 最高裁 元看護助手の全面無罪の公算大
  4. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  5. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです