メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞

網膜移植論文が米医学誌に掲載

 理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダーらは、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った細胞を目の難病患者の網膜に移植した臨床研究について論文をまとめ、16日付の米医学誌に発表した。「(がんなどの)腫瘍形成や拒絶反応は認められず、視力も維持できている」としている。

     臨床研究では2014年9月、悪化すると失明の恐れもある「滲出型(しんしゅつがた)加齢黄斑変性」の70代女性患者の網膜に、患者自身のiPS細胞から作った細胞シートを移植した。経過は良好で、悪化を抑える薬剤の注射も行っていないという。

     2例目の移植は、予定していた患者のiPS細胞に遺伝子変異が見つかり、臨床研究を中断した。その後理研は、患者以外の他人のiPS細胞から作った細胞を移植する方法に切り替え、神戸市立医療センター中央市民病院、京都大、大阪大と新たな臨床研究を進めている。【畠山哲郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 明治ザ・チョコレート 4000万ヒットの陰に“黒歴史”
    2. 東山動植物園 雄のコアラ死ぬ…9日に続き 雄は1頭に
    3. 傷害致死 疑いで男2人逮捕 職場同僚の体内に空気注入
    4. 東日本大震災 「つらくても伝える」大川小生存の18歳
    5. 火災 風俗店から出火4人死亡 男女8人重軽傷 さいたま

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]