メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貧者の教会

内なる抵抗/4止 異論抑え、対中接近

ローマ法王の「夏の離宮」カステル・ガンドルフォの宮殿で、バチカンと国交のない中国の書と音楽が披露された=2016年10月22日、福島良典撮影

 ローマ郊外にある歴代ローマ法王の「夏の離宮」カステルガンドルフォ。昨年10月、宮殿の一般公開開始を記念する式典にバチカンと国交のない中国の芸術家が招かれ、書と民族音楽を披露した。最前列には中国人参列者が並び、文化交流を通じたバチカンの対中接近が浮き彫りになった。

 フランシスコ法王(80)はアジアにキリスト教を布教した修道会イエズス会の出身。2013年3月の就任以来、「明日にでも中国に行きたい」と中国指導部に秋波を送っている。対中関係改善を通じ、分裂状態の中国カトリック教会を糾合するのが狙いだ。

 「先々代ヨハネ・パウロ2世と先代ベネディクト16世は対中関係で障害があると立ち止まったが、フランシ…

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1213文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  2. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  3. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 済美14年ぶり8強 高知商の強打封じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです