メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女子の球春、埼玉で 全国高校硬式野球、27日開幕

 <出かけてみませんか 毎日新聞社の催し>

     第18回全国高等学校女子硬式野球選抜大会(毎日新聞社後援)が27日、埼玉県加須市で開幕します。「もうひとつのセンバツ」と呼ばれるこの大会。今年は昨年より4チーム多い23チームが参加、熱戦を繰り広げます。

     昨年の大会は、5試合1失点の盤石な守りで勝ち進んだ埼玉栄(埼玉)が4年ぶり6回目の優勝を果たしました。連覇を目指す同校。それを阻み、頂点を見据える全国の強豪--。女子の球春から目が離せません。

     出場チームは次の通りです。

     作新学院(栃木)花咲徳栄、埼玉栄、叡明(以上埼玉)秀明八千代(千葉)村田女子、蒲田女子、駒沢学園女子(以上東京)横浜隼人(神奈川)岐阜第一(岐阜)至学館(愛知)開志学園(新潟)福井工大福井(福井)京都両洋、京都外大西、福知山成美(以上京都)履正社、大体大浪商(以上大阪)神戸弘陵(兵庫)室戸(高知)折尾愛真(福岡)神村学園(鹿児島)全国各校の選手で編成する丹波連合(兵庫)

     <期日>3月27日(月)~4月2日(日)。開会式は3月27日午前8時半。決勝は4月2日午前10時試合開始。4月3日(月)は予備日。

     <会場>加須市民運動公園野球場(埼玉県加須市下三俣。東武伊勢崎線加須駅下車、徒歩25分)。入場無料。

     <試合方式>23チームによるトーナメント

     主催 全国高校女子硬式野球連盟、加須市

     公認 全日本女子野球連盟

     後援 毎日新聞社、日本野球連盟ほか


     t.jigyou@mainichi.co.jp

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 特別防衛監察 「潔さがない」稲田氏に防衛省内部の声
    2. 稲田防衛相辞任へ 自民から厳しい声 国民の命預けられぬ
    3. 日報非公表 稲田氏、関与は否定 特別防衛監察結果を公表
    4. 揺らぐ「1強」 /6 野田聖子・元自民党総務会長 党がモノ言う責任
    5. 朝鮮学校 無償化は義務、国の処分取り消し 大阪地裁判決

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]