メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この人に聞く

市役所食堂の弁当を手がけた 嶋垣萌恵さん /山形

嶋垣萌恵さん

鶴岡の食魅力伝えたい 嶋垣萌恵さん(19)

 鶴岡市役所の地下食堂「鶴岡もっけだのぉ食堂」で、寒ダラやあさつき、在来野菜「藤沢カブ」など旬の素材40種類を彩りよく盛り込んだ「鶴けっちぁーの弁当」(税込み1600円)が好評だ。考案したのは、鶴岡市のイタリア料理店「アル・ケッチァーノ」グループで修業する嶋垣萌恵さん(19)だ。高校時代に岩手県奥州市の弁当コンクールで2年連続最優秀賞に輝いた。弁当の特徴や鶴岡の食の魅力を聞いた。【長南里香】

 --弁当は完成までに2カ月半かかったそうですね。

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1316文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  2. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  3. 苫小牧の国道 交差点で衝突事故 6歳女児と母の2人死亡
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです